いつでもお参りできる。納骨堂での新しい弔い方

納骨堂にかかる費用

many candles

大切な遺骨を安置・管理をしてもらうので納骨堂とは長いお付き合いをしたいものです。長く付き合うにはお金がいります、お墓と建てるとなると建てるための土地代など諸々の費用が重なりますが、納骨堂では安置するとなると何に料金が発生して一体どれくらいの費用がかかるのかが漠然としか思い浮かびません。
お墓を建てる場合、墓石の代金や工事費などに様々な部分に料金が発生し総額はおおよそ数百万はかかるでしょう。ですが納骨堂に納骨しようとすれば十万円以内という最小限の金額に抑えられる事ができる場合があります。お墓の建てる場合と比較すると一気に金額が下がり安価な値段で納骨ができます。
ただ十万円以内ですと、ただ骨壷を納骨したという形になるので一見すると寒々しいようにも見えます。なので戒名を与えちゃんと永代供養をするなどの手続きを加えると、おおよそ五十万円前後の費用がかかります。だとしてもお墓を建てる費用よりもまだ安価で納骨ができます。けれど、家族用での納骨を行うとなるとやはり百万円単位はかかる事を念頭に入れておくと良いでしょう。
他にも永代供養や戒名を与える他に、遺骨を何人でも引き受けて、安置する空間に御影石で家名や家紋を彫刻するおもてなしをしてくれる納骨堂もあり費用が数百万かかる納骨堂もあります。納骨堂だけに限られた事ではないですが、亡くなられた方を安らかに眠らせる場所を作ってあげるものなので利用する施設や契約内容によって費用の差は大きく開きます。提示された見積もりなどを見て納得できる金額と内容で安らかに安置できる場所を見つけましょう。