いつでもお参りできる。納骨堂での新しい弔い方

終のすみかの形

car carrying the coffin

納骨堂に遺骨を納める前にまずどこが管理を行っているのかを確認しておく事が良いでしょう。管理している分類は「寺院」「公営」「私営」の三つの管理です。まず寺院管理は「自宅の近くで納骨がしたい」「または自分が信仰している」「故人を見送った時の宗派で納骨をしたい」と幅広い選択肢での納骨が可能です。
次に公営管理ですが、立地がよく参拝しやすい場所などに建てられており、宗教・宗派を問わずに納骨ができる納骨堂を管理しております。そしていちばん特徴的なのが寺院管理と私営管理に比べても安価な値段で納骨ができる事です。なので公益管理の納骨堂に納骨をしたい希望者が多いため、もし検討しているのならば一度問い合わせて確認をした方が良いでしょう。
そして私営管理ですが、こちらも公営管理と同様、宗教・宗派を問わず誰でも入れて、立地がよい場所で納骨堂を運営しています。また納骨を行う際も速やかに行ってくれて忙しい方には向いているのかもしれません。遺骨の安置を納骨堂に検討しているのならば、これらの特徴を踏まえていくと、自分の条件に合った納骨堂を絞る事ができるでしょう。
では納骨堂で骨壷を収める際の主な種類ですが、まずはロッカー式の納骨堂で、駅にあるコインロッカーのように空間を区切って遺骨を安置していきます。こちらは比較的安価な値段で利用ができます。次に機械式の納骨堂です。遺骨を保管している倉庫などから参拝者が待っている部屋まで機械を使用して遺骨を運び、故人との対面ができる仕組みになっておりプライバシーを守りながら納骨される事ができます。
他にも仏壇式の納骨堂など、位牌を置き骨壷を収める事が出来る種類もあります。こちらはお花を飾りたい人などには好評な納骨堂です。様々な種類があり人によっては、この納骨の方法はよくないのではないかと考える方もおられるかもしれません。ですが亡くなった方を安らかに弔う気持ちが一番大切な事です。皆が納得のいく終のすみかを提供してあげましょう。